(31号)固定資産税の課税誤り(過徴収金)の返還期間-原則的手続-

(第1回目投稿:平成27年、第2回目見直し:令和4年5月)

 今号と次号で固定資産税の評価・課税誤りによって納め過ぎた場合、その過徴収金は何年遡って還してもらえるかについて解説します。

地方税法による原則的手続<5年>

 地方税法では、徴収し過ぎた税金(還付金)の請求権は5年で消滅時効になる、つまり5年間遡って還してもらえると定められています。

※地方税法18条の3(還付金の消滅時効)
「地方団体の徴収金の過誤納により生ずる地方団体に対する請求権及びこの法律の規定による還付金に係る地方団体に対する請求権は、その請求をすることができる日から5年を経過したときは、時効により消滅する。」

 ところで、固定資産税の納め過ぎの原因のほとんどは、課税当局の誤り(課税ミス)によるものと考えられますが、課税誤りが発見されるケースは、納税者等からの指摘によることがほとんどです。 

審査の申出から取消訴訟へ

 課税処分に不服がある場合は、裁判所にその処分を取り消してもらうための取消訴訟を提起しなければなりませんが、いきなり裁判所に取消訴訟を提起することはできません。

 まず価格の不服について固定資産評価審査委員会へ審査の申出を行い、その決定に不服がある場合に取消訴訟を提起できることになります。

 これが地方税法上の原則的な手続で、その流れは次のとおりです。

①地方税法432条1項
「固定資産税の納税者は、価格に不服がある場合には、納税通知書の交付を受けた日後3ヵ月までの間に文書をもって、固定資産評価審査委員会に審査の申出をすることができる。」
②地方税法434条1項
「固定資産税の納税者は、①の決定に不服があるときは、その取消しの訴えを提起することができる。」
③行政事件訴訟法14条1項
「取消訴訟は、処分又は裁決があつたことを知つた日から6ヵ月を経過したときは、提起することができない。」

 このように、地方税法による原則的な手続は、裁判所に訴える前に、まず固定資産評価審査委員会に審査の申出を行う必要があります。これを「審査請求前置主義」と言います。

「重大な錯誤」による価格等の修正

 地方税法の原則的手続は上記のとおりですが、地方税法では特例規定とも言うべき規定として、「重大な錯誤」がある場合の「固定資産の価格等のすべてを登録した旨の公示の日以後における価格等の決定又は修正」が認められています。

 納税通知書が発送された後3ヵ月間の不服申立期間が経過した後は不服申立が認められませんが、その価格等について、全く問題がないとは言えない場合もあり得るからです。

 そこで、設けられている規定が地方税法417条1項です。

※地方税法417条1項
「市町村長は、…登録された価格等に重大な錯誤があることを発見した場合においては、直ちに…決定された価格等を修正しなければならない。」

 ここで「重大な錯誤」とは、虚偽の申告又は申請による誤算、固定資産課税台帳に登録する際の誤記、価格等を決定する際の計算単位のとり違い、評価調書における課税客体の明瞭な誤記又はその認定の誤り等、客観的にみて価格等自体の決定に重大な誤りがあると認められるような錯誤を言い、軽微な誤り程度のものは含まれません。

 つまり、このような重大な錯誤があれば、原則的な手続(審査の申出等)を経ることなく、市町村長は直ちに修正しなくてはならないのです。

 納税者は自分の資産であれば、縦覧期間(4月1日から第1期納期限まで)に限らず、通年いつでも閲覧することができます(「閲覧制度」)ので、その市町村の窓口で、課税内容の説明を求めることも可能です。

 ここで価格等が修正され、過徴収金がある場合、「重大な錯誤」であれば、その返還期間が10年や20年もあり得ることになります。

「過徴収金返還要綱」による返還

 「過徴収金返還要綱」とは、市町村が独自に定めているもので、全国でも約7割程度の市町村で実施されていると言われています。(詳しい統計は不明です。)

 この要綱は市町村によって名称も「○○市固定資産税過誤納金補填金支払要綱」等必ずしも同一のものにはなっていません。

 この要綱の概要は、重大な課税誤りがあった場合、固定資産税の課税台帳の保存期間である10年を期限にして過徴収金を返還する(補填金を支払う)というものです。また、市町村によっては、領収書等により確認できる場合は20年を限度に返還する要綱もあります(ほとんどがそのようですが)。

 つまり、重大な課税誤りの場合は、市町村の判断で10年あるいは20年遡って返還するということになります。

 ところで、そもそも地方税法で「還付金の消滅時効は5年」とされているにもかかわらず、それを超える10年、20年とは一体何なのでしょうか。

 実は、市町村でこの要綱を持つようになったきっかけは、平成4年2月24日の浦和(現さいたま)地裁の判決でありました。

※浦和(さいたま)地裁の判決(平成4年2月24日)
「被告は、違法な租税の賦課処分は、専ら行政不服審査上の異議申立て又は審査請求、及びこれに続く取消訴訟の提起等によって是正されるべきであると主張するが、これは専ら租税の賦課処分の効力を争うものであるのに対して、租税の賦課処分が違法であることを理由とする国家賠償請求は租税の賦課処分の効力を問うのとは別に、違法な租税の賦課処分によって被った損害の回復を図ろうとするものであって、両者はその制度の趣旨・目的を異にし、租税の賦課処分に関することだからといって、その要件を具備する限り国家賠償請求が許されないと解すべき理由はない。」(要旨)

 この判決は、納税者が地方税法ではなく国家賠償法による国家賠償請求を認めたという事案でありました。

 下級審ながらこの判決を受けて、市町村で独自に「過徴収金返還要綱」を定めるようになった訳です。

 しかし、この「要綱」は、あくまでも要綱であって、条例、規則のような拘束力が伴わない市町村内部の取り決めという位置づけです。それも、必ずしも全ての市町村がこの「要綱」を持っている訳ではないのです。(次号に続きます)