(36)固定資産税の価格(評価額)に不服(評価誤り)がある場合の手続き

 今回は、固定資産税の価格に不服がある場合には、どのような手続きを行う必要があるのかについてお知らせします。  なお、ここで紹介する手続きは、あくまでも固定資産税の価格(評価額)に対する不服に関するもので、これを「審査の申出」と呼びます。これとは別に、価格以外の固定資産税の課税に関する不服の手続きがありますが、こちらは「審査請求」として(似ていますが)若干異なる手続きとなります。 地方税法の原則的手続き  固定資産税の納税者で、固定資産 … 続きを読む