(25)固定資産税の減免と「課税免除及び不均一課税」

 22号〜24号では、固定資産税(以下、都市計画税も含む)の非課税について解説しましたが、今回は減免についてです。   非課税は市町村がそもそも課税することが法律で禁止されている制度でしたが、では、減免はどのような制度なのでしょうか。 減免の要件は  減免は、市町村で課税権が行使された後に、納税者の申請に基づき、担税力が薄弱なこと(納税資力が充分でない)等の理由により、税額の全部又は一部が免除される制度です。  固定資産税の減免は、地方 … 続きを読む