(23)私道でも「公共の用に供する道路」であれば非課税に

「公共の用に供する道路」は非課税  道路は通常、国道、県道、市町村道等のいわゆる公道ですので、固定資産税は非課税になっています。  それに対して、私道は個人の方の所有土地ですので、固定資産税の課税対象になります。  しかし、その私道が「公共の用に供する道路」であれば、非課税になります。  では、「公共の用に供する道路」とは、どのような道路なのでしょうか。 「公共の用に供する道路」とは  もちろん、公道は「公共の用に供する道路」ですが、こ … 続きを読む

(22)固定資産税が課税されない非課税制度とは

 固定資産税は、毎年1月1日の固定資産の所有者が納税義務者となり、課税されます。  しかし、地方税法では、固定資産税が課税されない非課税制度というものが規定されています。  では、この非課税制度とはどのようなものなのでしょうか。  非課税制度には、二つの種類があります。  一つは、固定資産の所有者からみて課税することができないもので、いわゆる「人的非課税」、もう一つは固定資産の性格又は用途により非課税となるもので、いわゆる「物的非課税」 … 続きを読む

(21)固定資産税の年間スケジュール(縦覧と閲覧、不服審査申出期間)

固定資産税の縦覧制度   固定資産税の価格は、毎年3月31日までに決定され、4月上旬には納税通知書及び課税明細書が送付され、年4回の納期がスタートします。   「固定資産税評価の年間スケジュール」   固定資産税は毎年課税されているため、「今年も固定資産税の納税時期か」とこの期間を過ごす方がほとんどかと思いますが、地方税法にはこの時期に「縦覧」という制度が設けられています。   この縦覧制度とは、他の(納税者の)土地や家屋の評価額を縦覧 … 続きを読む